ヘルジュラシック

「ヘルジュラシック」のこころにおける、以下の各情報についてまとめたページ。

  1. 基本情報と出現場所
  2. Sランクこころの性能
  3. Sランクこころのコスパ分析(こころ全体)
  4. Sランクこころのコスパ分析(「黄」タイプ内)
  5. Sランク時の特殊効果
  6. こころグレードアップに必要な個数
  7. 心珠ポイント数と変換効率
  8. こころの特徴・評価
  9. 図鑑No前後のモンスター

基本情報と出現場所

「ヘルジュラシック」のこころSの基本情報と、クエストなど出現場所の一覧。
リンクをクリックすると、同じ特徴をもつこころの一覧ページに移動します。

項目 情報
図鑑No. 265
コスト 84
タイプ(色)
出現 クエストでは出現しない
見かけやすさ
条件など イベントの「強敵とうばつ」の対象として出現

Sランクこころの性能

「ヘルジュラシック」のこころSの、基礎能力上昇値(性能・ステータス)。この値が大きいほど、装備時に能力が大きく上がる。
全てこころにおける各能力のランキングはこちらタイプ「黄」内ランキングはこちら

項目 ステータス 全体順位 「黄」内順位
最大HP️ 115 13 6
最大MP 19 246 41
ちから 32 136 38
みのまもり 96 5 5
攻撃魔力 18 141 22
回復魔力 18 132 20
すばやさ 13 253 32
きようさ 20 225 22
力+攻魔 50 180 35

Sランクこころのコスパ分析(こころ全体)

「コスパ」は、「ヘルジュラシック」のこころSの、基礎能力アップ値をコストで割った(基礎能力値÷コスト)、コスト1あたりの能力上昇値。この値が大きいほどコストあたりの上昇値が大きい、つまり、コスパが良いと言える。
また、「コスパ偏差値」は、そのコスパが全体の中でどの位置にあるのか、つまり優れているのか劣っているのかを示す。偏差値60以上(あるいは40以下)は、上位(下位)15.866%。偏差値70以上(あるいは30以下)は、上位(下位)2.275%。

項目 ステータス コスパ コスパ偏差値 コスパ順位
最大HP️ 115 1.37 64.29 29
最大MP 19 0.23 36.18 320
ちから 32 0.38 42.04 260
みのまもり 96 1.14 81.53 5
攻撃魔力 18 0.21 43.68 235
回復魔力 18 0.21 44.91 199
すばやさ 13 0.15 35.26 313
きようさ 20 0.24 38.13 279
力+攻魔 50 0.60 36.28 322

Sランクこころのコスパ分析(「黄」タイプ内)

コスパの、「黄」タイプ内の分析。
タイプ内平均との差がプラスであれば平均より高い能力であり、また、その値が大きければ強いこころ、といえる。

項目 コスパ 「黄」平均値 平均との差 コスパ「黄」順位
最大HP️ 1.37 1.17 0.2 15
最大MP 0.23 0.45 -0.22 68
ちから 0.38 0.66 -0.28 68
みのまもり 1.14 0.74 0.4 5
攻撃魔力 0.21 0.26 -0.05 51
回復魔力 0.21 0.20 0.01 21
すばやさ 0.15 0.28 -0.13 59
きようさ 0.24 0.23 0.01 24
力+攻魔 0.60 0.92 -0.32 68

Sランク時の特殊効果

  • こころ最大コスト +4
  • スキルの斬撃・体技ダメージ +3%
  • デイン属性特技ダメージ +7%
  • ドラゴン系へのダメージ +3%
  • バギ属性耐性 +5%
  • 眠り耐性 +5%

同じ特殊効果のこころ一覧へのリンク


こころグレードアップに必要な個数

「ヘルジュラシック」のこころを、AからSなど、グレードを上げるにあたって必要なこころの個数。例えばSの欄は、AからSにグレードアップに必要なグレードAのこころの数を表している。
また「D換算」は、そのランクのこころを合成するにあたり、グレードDのこころが何個必要かを表している。例えば「5」なら、グレードDのこころが5個必要、ということを表す。

グレード 必要個数 D換算
DからC 3 3
CからB 3 9
BからA 4 36
AからS 4 144

心珠ポイント数と変換効率

「ヘルジュラシック」のこころを、「グレード」で心珠ポイントに変換したときに得られるポイント数を表す。

また「心珠変換効率」は、グレードDを心珠ポイントに変換した場合を100%として、そのグレードアップに必要な個数と得られるポイントから効率を計算している。この値が最も大きいグレードまでグレードアップしてから心珠ポイントに変換するのが最大効率となる。
例えば、グレードDで得られる心珠ポイントが10、グレードBで得られる心珠ポイントが270、グレードDからグレードBまでグレードアップするためにDこころが12個必要な場合を考える。グレードDを12個そのまま心珠ポイントに変換すると得られるポイントは10×12で120ポイントだが、グレードBまで上げてからだと270ポイントとなり、計算すると270÷120=2.25、つまり225%であり、Bにグレードアップしてから心珠ポイントにする方がお得と言える。

グレード 心珠ポイント 心珠変換効率
20 100%
100 167%
210 117%
1050 146%
3150 109%

こころの特徴・評価

能力について

2020年8月6日(木)から同8月27日(木)までの、「炎の山、巣食う竜たち」イベントで初出。
Lv30討伐称号の「地獄の超特急」からも分かるように、足が早い、というのが『ヘルジュラシック』のイメージだが、こころとしてはそれとは真逆の、カチカチで鈍足のタンク向け仕様。なんでだ……。

ステータスとしては、「黄」タイプの特徴である最大HPと身の守りが高い。いずれも、実装時点では「黄」タイプの中では1位で、最大HPについては『キラーマシン』、身の守りにについては『りゅうき兵』を抜いた。
それ以外のステータスはかなり控えめ。特に最大MPがびっくりするくらい低いので、長期戦となるボス用で使う場合は、他のこころで補うなど、工夫が必要。

弱点はあるものの、タフさ度合いがかなり高まるこころで、まさにパラディン向けと言える。

特殊効果としては以下の通り。

攻撃面では、控えめな[斬撃・体技ダメージアップ]と、[デイン属性とくぎダメージアップ]があり、合致する属性で10%のダメージアップ、となっている。
このパターンは「強敵」タイプによくあるもので、前例に倣っていると言える。

上記に加え、[ドラゴン系ダメージアップ]も3%持っている。デイン系特技でドラゴン系を殴るなら13%だが、力がかなり低いので、攻撃用としては使うことは無いだろう。
タフさもキープしつつ攻撃も、であれば、『キラーマシン』など、別のこころを検討しよう。

ちなみに、「黄」タイプのデイン属性アップは『キングスイカ岩』も持っており(あちらは「スキル」だが)、「黄」タイプのデイン属性アップが続いている状態。

防御面としては、[バギ属性耐性アップ]と[眠り耐性アップ]がある。どちらも5%と上昇値としては標準的。
[バギ属性耐性アップ]を持つこころは少ないが、そこそこ強いこころである『エビルホーク』が7%なので、「バギ耐性を盛りたい!」というときはそちらを装備することを検討したい。

こころ集めについて

2020年の「炎の山、巣食う竜たち」イベント時は、ためたポイントを交換して戦うタイプの「強敵」。ウォークマイレージを貯める通常戦闘やツボ割りなどついでででポイントを貯めるのがよいだろう。
また、イベント用のプチボスである『ドラゴンキッズ』を倒すと多めに手に入れることができる。

図鑑No前後のモンスター

図鑑No.264:ドラゴンガイア
図鑑No.266:ヘルゴースト