オルゴ・デミーラ(第2形態)

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころにおける、以下の各情報についてまとめたページ。

  1. 基本情報と出現場所
  2. Sランクこころの性能・特殊効果
  3. Sランクこころ分析
  4. こころグレードアップ・心珠
  5. こころの特徴・評価
  6. 図鑑No前後のモンスター

基本情報と出現場所

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころSの基本情報と、クエストなど出現場所の一覧。
リンクをクリックすると、同じ特徴をもつこころの一覧ページに移動します。

項目 情報
図鑑No. 349
コスト 107
タイプ(色)
出現 クエストでは出現しない
見かけやすさ
条件など メガモンスター

Sランクこころの性能・特殊効果

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころSの能力。

ステータス

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころSの、基礎能力上昇値(性能・ステータス)。この値が大きいほど、装備時に能力が大きく上がる。
全てこころにおける各能力のランキングはこちらタイプ「赤」内ランキングはこちら

項目 ステータス 全体順位 「赤」内順位
最大HP️ 110 21 4
最大MP 47 122 3
ちから 103 3 3
みのまもり 63 26 1
攻撃魔力 16 168 4
回復魔力 16 158 3
すばやさ 89 16 1
きようさ 78 25 9
力+攻魔 119 4 1

特殊効果

  • こころ最大コスト +4
  • スキルの斬撃ダメージ +10%
  • スキルの体技ダメージ +5%
  • ギラ属性特技ダメージ +7%
  • ヒャド属性特技ダメージ +7%
  • 不利な状態変化耐性 +3%

同じ特殊効果のこころ一覧へのリンク


Sランクこころ分析

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころSの能力を分析したもの。

Sランクこころのコスパ分析(こころ全体)

「コスパ」は、「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころSの、基礎能力アップ値をコストで割った(基礎能力値÷コスト)、コスト1あたりの能力上昇値。この値が大きいほどコストあたりの上昇値が大きい、つまり、コスパが良いと言える。
また、「コスパ偏差値」は、そのコスパが全体の中でどの位置にあるのか、つまり優れているのか劣っているのかを示す。偏差値60以上(あるいは40以下)は、上位(下位)15.866%。偏差値70以上(あるいは30以下)は、上位(下位)2.275%。

項目 ステータス コスパ コスパ偏差値 コスパ順位
最大HP️ 110 1.03 51.73 133
最大MP 47 0.44 42.12 245
ちから 103 0.96 64.82 31
みのまもり 63 0.59 53.77 91
攻撃魔力 16 0.15 41.61 292
回復魔力 16 0.15 42.76 272
すばやさ 89 0.83 55.95 90
きようさ 78 0.73 52.99 120
力+攻魔 119 1.11 55.08 82

Sランクこころのコスパ分析(「赤」タイプ内)

コスパの、「赤」タイプ内の分析。
タイプ内平均との差がプラスであれば平均より高い能力であり、また、その値が大きければ強いこころ、といえる。

項目 コスパ 「赤」平均値 平均との差 コスパ「赤」順位
最大HP️ 1.03 0.97 0.06 23
最大MP 0.44 0.38 0.06 13
ちから 0.96 0.82 0.14 15
みのまもり 0.59 0.42 0.17 6
攻撃魔力 0.15 0.16 -0.01 22
回復魔力 0.15 0.15 0 22
すばやさ 0.83 0.77 0.06 21
きようさ 0.73 0.91 -0.18 43
力+攻魔 1.11 0.98 0.13 14

こころグレードアップ・心珠

こころグレードアップに必要な個数

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころを、AからSなど、グレードを上げるにあたって必要なこころの個数。例えばSの欄は、AからSにグレードアップに必要なグレードAのこころの数を表している。
また「D換算」は、そのランクのこころを合成するにあたり、グレードDのこころが何個必要かを表している。例えば「5」なら、グレードDのこころが5個必要、ということを表す。

グレード 必要個数 D換算
DからC 3 3
CからB 4 12
BからA 4 48
AからS 5 240

心珠ポイント数と変換効率

「オルゴ・デミーラ(第2形態)」のこころを、「グレード」で心珠ポイントに変換したときに得られるポイント数を表す。

また「心珠変換効率」は、グレードDを心珠ポイントに変換した場合を100%として、そのグレードアップに必要な個数と得られるポイントから効率を計算している。この値が最も大きいグレードまでグレードアップしてから心珠ポイントに変換するのが最大効率となる。
例えば、グレードDで得られる心珠ポイントが10、グレードBで得られる心珠ポイントが270、グレードDからグレードBまでグレードアップするためにDこころが12個必要な場合を考える。グレードDを12個そのまま心珠ポイントに変換すると得られるポイントは10×12で120ポイントだが、グレードBまで上げてからだと270ポイントとなり、計算すると270÷120=2.25、つまり225%であり、Bにグレードアップしてから心珠ポイントにする方がお得と言える。

グレード 心珠ポイント 心珠変換効率
30 100%
150 167%
900 250%
3000 208%
15000 208%

こころの特徴・評価

能力について

2021年3月12日(金)から2021年4月27日(火)まで開催の「ドラゴンクエスト7」イベント期間中である、2021年4月12日(月)からの6章で初出のメガモンスター。イベント終了=出現終了、ではなく、2021年5月13日(木)まで延長出現した。

「赤」タイプではあるが、攻守のバランスが非常によい、使いやすいこころ。
実装時点で、「赤」タイプ内で、最大HP4位、力3位、身の守り1位、素早さ3位、と物理アタッカーに必要な能力が高い。ただし、コスパとしては悪いので、コスト制限ほこらに挑むときは別のこころを考えたほうが良いだろう。

特殊効果は[スキルの斬撃ダメージアップ]が10%、[スキルの体技ダメージアップ]が5%と差がつけられている。この斬撃と体技で差がつけられているメガモンのは『暴嵐天バリゲーン』に続いて2例目。実装時に開催されていた「エデンの伝説装備ふくびき」の《オチェアーノの剣》で習得できる特技〈グランエスパーダ〉に合わせてのものだろう。
その〈グランエスパーダ〉用と思われる[ヒャド属性とくぎダメージアップ]が7%ある。ちなみに、《キーファの剣》の〈閃烈回転斬り〉向けの[ヒャド属性ダメージアップ]もある。

総じて、コスパはイマイチだが、「ヒュンケル」のこころに次ぐ力を持ち、かつ、タフ度も高いため、物理アタッカー用として全般的に使いやすいこころと言える。

こころ集めについて

「メガモンスター」なので、出現場所をまわって「とうばつ」する、という数を稼ぐしか方法はない。
なお、「とうばつ」に参加し、メガモンスターに1ダメージ以上を与え、「とうばつ」に成功する(時間切れ、や、全滅、にならず、メガモンスターを倒す)ことができれば、こころは必ず手に入れることができる。

図鑑No前後のモンスター

図鑑No.348:オルゴ・デミーラ
図鑑No.350:メタスラ&ゴールドマン