アバン(ドラゴラム)

「アバン(ドラゴラム)」のこころにおける、以下の各情報についてまとめたページ。

  1. 基本情報と出現場所
  2. Sランクこころの性能
  3. Sランクこころのコスパ分析(こころ全体)
  4. Sランクこころのコスパ分析(「緑」タイプ内)
  5. Sランク時の特殊効果
  6. こころグレードアップに必要な個数
  7. 心珠ポイント数と変換効率
  8. こころの特徴・評価
  9. 図鑑No前後のモンスター

基本情報と出現場所

「アバン(ドラゴラム)」のこころSの基本情報と、クエストなど出現場所の一覧。
リンクをクリックすると、同じ特徴をもつこころの一覧ページに移動します。

項目 情報
図鑑No. 302
コスト 93
タイプ(色)
出現 クエストでは出現しない
見かけやすさ
条件など イベントの「強敵とうばつ」の対象として出現

Sランクこころの性能

「アバン(ドラゴラム)」のこころSの、基礎能力上昇値(性能・ステータス)。この値が大きいほど、装備時に能力が大きく上がる。
全てこころにおける各能力のランキングはこちらタイプ「緑」内ランキングはこちら

項目 ステータス 全体順位 「緑」内順位
最大HP️ 60 127 22
最大MP 54 81 30
ちから 63 40 2
みのまもり 30 125 17
攻撃魔力 18 135 29
回復魔力 60 14 14
すばやさ 62 48 2
きようさ 58 63 2
力+攻魔 81 72 3

Sランクこころのコスパ分析(こころ全体)

「コスパ」は、「アバン(ドラゴラム)」のこころSの、基礎能力アップ値をコストで割った(基礎能力値÷コスト)、コスト1あたりの能力上昇値。この値が大きいほどコストあたりの上昇値が大きい、つまり、コスパが良いと言える。
また、「コスパ偏差値」は、そのコスパが全体の中でどの位置にあるのか、つまり優れているのか劣っているのかを示す。偏差値60以上(あるいは40以下)は、上位(下位)15.866%。偏差値70以上(あるいは30以下)は、上位(下位)2.275%。

項目 ステータス コスパ コスパ偏差値 コスパ順位
最大HP️ 60 0.65 37.29 281
最大MP 54 0.58 45.83 183
ちから 63 0.68 53.95 86
みのまもり 30 0.32 40.22 259
攻撃魔力 18 0.19 42.94 250
回復魔力 60 0.65 60.40 50
すばやさ 62 0.67 50.84 139
きようさ 58 0.62 49.54 160
力+攻魔 81 0.87 46.18 173

Sランクこころのコスパ分析(「緑」タイプ内)

コスパの、「緑」タイプ内の分析。
タイプ内平均との差がプラスであれば平均より高い能力であり、また、その値が大きければ強いこころ、といえる。

項目 コスパ 「緑」平均値 平均との差 コスパ「緑」順位
最大HP️ 0.65 0.95 -0.3 50
最大MP 0.58 1.00 -0.42 58
ちから 0.68 0.44 0.24 4
みのまもり 0.32 0.45 -0.13 45
攻撃魔力 0.19 0.36 -0.17 56
回復魔力 0.65 0.84 -0.19 46
すばやさ 0.67 0.46 0.21 6
きようさ 0.62 0.44 0.18 5
力+攻魔 0.87 0.80 0.07 15

Sランク時の特殊効果

  • こころ最大コスト +4
  • ベホイミ
  • スキルの斬撃ダメージ +3%
  • ギラ属性特技ダメージ +7%
  • スキルHP回復効果 +5%
  • ギラ属性耐性 +5%
  • 眠り耐性 +5%

同じ特殊効果のこころ一覧へのリンク


こころグレードアップに必要な個数

「アバン(ドラゴラム)」のこころを、AからSなど、グレードを上げるにあたって必要なこころの個数。例えばSの欄は、AからSにグレードアップに必要なグレードAのこころの数を表している。
また「D換算」は、そのランクのこころを合成するにあたり、グレードDのこころが何個必要かを表している。例えば「5」なら、グレードDのこころが5個必要、ということを表す。

グレード 必要個数 D換算
DからC 3 3
CからB 4 12
BからA 4 48
AからS 5 240

心珠ポイント数と変換効率

「アバン(ドラゴラム)」のこころを、「グレード」で心珠ポイントに変換したときに得られるポイント数を表す。

また「心珠変換効率」は、グレードDを心珠ポイントに変換した場合を100%として、そのグレードアップに必要な個数と得られるポイントから効率を計算している。この値が最も大きいグレードまでグレードアップしてから心珠ポイントに変換するのが最大効率となる。
例えば、グレードDで得られる心珠ポイントが10、グレードBで得られる心珠ポイントが270、グレードDからグレードBまでグレードアップするためにDこころが12個必要な場合を考える。グレードDを12個そのまま心珠ポイントに変換すると得られるポイントは10×12で120ポイントだが、グレードBまで上げてからだと270ポイントとなり、計算すると270÷120=2.25、つまり225%であり、Bにグレードアップしてから心珠ポイントにする方がお得と言える。

グレード 心珠ポイント 心珠変換効率
10 100%
50 167%
270 225%
450 94%
1350 56%

こころの特徴・評価

能力について

2020年11月26日(木)から2021年1月15日(金)に開催の「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のコラボイベントにあわせて、2020年11月26日(木)から出現したのが初出の強敵モンスター。

タイプ「緑」の中では力・素早さ・器用さが高い。回復魔力もそこそこ。そして〈ベホイミ〉まで覚える。
つまり、直近で実装されたスーパースター(スパスタ)向けのこころで、「これを装備して、単体回復は〈ベホイミ〉、全体は〔ハッスルダンス〕、そしてSPガチャ武器の《プラチナウィング》(〔ヒートスライサー〕)で戦おう!!」という運営からのメッセージが、強く、とても強く読み取れるこころになっている。

ということで、このこころが使えるかどうかは、つまり、スパスタが使えるかどうかにかかっている。
スパスタが使える人には「待ってました!」のこころだし、スパスタが役立たずの人には「戦闘力… たったの5か… ゴミめ…」のこころ。

こころ集めについて

「強敵」なので、出現場所をまわってバトルし勝利する、という数を稼ぐしか方法はない。
なお、勝利すれば必ずこころが手に入る、ではなく、通常のフィールドモンスターと同様、確率でこころを落とすかたちとなっている。

図鑑No前後のモンスター

図鑑No.301:バロン版キラーマシン
図鑑No.303:魔王ハドラー